【カルマを観る目】やっと解読できたインド占星術

インド占星術

数年前から、独学でインド占星術を学んでいます。

巷でよくみかける12星座星占いは西洋占星術で、インド占星術の歴史はもっと古い。

惑星や星座の移動の考え方は同じだが、インド占星術には独自の「ヴェーダ哲学」の思想が色濃く反映されています。

インド占星術の詳細はこちら↓

初めは自分を知りたくて勉強を始めたインド占星術。

自分のチャートを見た時の感想は

「全く分からない!!」

決まりごとの多いインド占星術は、まるで数式を解くかのように何パターンの型に当てはめ、最終的にトータルして読み解いていかなければならない。

読み取り方法を細かく探り、いくつかの先生の文献やらを参照してみても、やっぱり意味が解らない。

他人のことならわかるかもと、実に50名近く観させてもらいましたが、なかなか当たっているとの感想を得るも、自分のチャートはいまだに解読不明・・いまいち腑に落ちるポイントが見つからない。

そして、最近もう一度、重い腰を上げて勉強を再開してみた。

深い内面の旅を終えた後で、以前より見えてくるものと、言っていることが俯瞰で見えてきた。

何度もパターンと意味を反芻しながら考察すること1週間。

ついに、その答えに辿りつきました!やっと自分を解読できた。

ヒーリングで、プロの方でもかなり時間を要している(現在進行形)私の内面の変革作業・・

そりゃ、素人の本人が解るはずがなかった(笑) 

解読できて思ったことは・・・

カルマに対して、自分の中で何らかの「気づき」もあったのか、良いカルマに関しては既に自ら行動していたっていう事!

それも、何気なく始めたこと、好きなこと、得意なことが、やっぱり「そうだった」ということ。

そして、もっと深い内面の旅路までは、やっぱり自分の力だけでは乗り越えられないこともあるという事。

これからが、私の始まり・・・

そんな風に思っていたら、ふとみた時計の文字はぞろ目の「555」

さなぎから蝶に変わるように、長年私を縛っていたものから解放されて、自由に飛び回ることができる時

だそう。

まさに新しい旅がこれから始まろうとしている。

コメント